FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれた!

20100321201451
20100321201447
20100321201443
20100321201438


今朝、子牛が生まれました。メスでした。生まれた瞬間は見ていないのだけど、数時間後のホヤホヤに会いにいきました。
すると親牛はいるのに子牛がいない。なんと牧場の柵から出て坂から転がり落ちていました。幸いすぐ下のトタン柵に引っかかっていたので、興奮する親牛をたしなめながら親方が助けにいきました。立ち上がる練習をしてるときに、ヨタヨタと坂を転がっていったのではとのことでした。無事助けだし、まだヨタヨタしつつも元気に初乳を飲んでいたので(写真)ひと安心。
今回でこっちに来てから2頭目の子牛出産。前回は大きなオスで、名前を勝手に「えいぞう」と決め可愛がっています。今回は何にしようかな。。できれば出産に立ち会いたいのだけど、経験豊富な母牛はひとりで勝手に産むのでなかなかチャンスがない。テレビとかでたまに見るあの感動の名場面を見てみたいなぁ。

牛飼いの日々は、朝夕の餌やりと牛舎掃除が主なお仕事。餌は飼料と草ですが、牧草地に生えてる青草をビーバーで刈って、それをあのフォークの巨大版みたいので軽トラに積んでいく作業もたまにある(写真)。見てると楽しそうなんだけど、やると意外に草が重い!最初は持ち上がらなくて四苦八苦でしたが、キビ刈りで腕を鍛えた最近はほどほどにラク。いま私の二の腕と肩はムキムキです。これでいいのか27才女…

牛舎掃除はつまりはフン掃除。臭いし重いし結構広いので大変だけど、ひとり作業なので音楽聴きながら歌いながら最近はノリノリでやってます。あまりノリすぎて没頭してると後ろから親牛にど突かれるけど。牛の世話はキビ刈りが休みの日にやるのですが、なんだかんだで掃除ができないと後が大変。このまえ一週間分を溜めたときはあたりがフンの海で(笑)、こまめにやる大事さを身を持って知りました。

初めは親牛にナメられ子牛にビクつかれていましたが、最近は親牛と戦えるくらいまでにはなり(内心ビクビクだけど)、仲良くやれているのが嬉しい。
…が、しかし!
なぜこんなにも牛と触れ合っているのかというと、キビ刈り作業の日が少ないからなのですよ。今週は一週間に2回しかなく、休み1日を除いてあとは牛の世話。なぜこんなことになっているのか!…詳しくは次回のキビ刈りの日々で~
スポンサーサイト

Extra

プロフィール

三番目 

Author:三番目 
札幌市出身。
三姉妹の三番目。
高知・山梨・沖縄・登別と移り住み、
このたび実家に帰還。

25才でうつ病発症後、現在も通院。
毎日を心地よく過ごすため
ゆるゆる試行錯誤中。。

最近の記事

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。